黒猫古物商質問箱!!そのアンティークっぽいのはネット向きなのですか???
    2011年10月08日 (土) | 編集 |
    買取!千葉県のリサイクルショップです!佐倉市、四街道市、八街市に店舗があります!骨董や西洋アンティークも扱う総合リサイクルショップです!現在高価買取、歓迎中です!その他八千代市、山武、東金、成田、富里、印西地区(その他の地区もご相談ください)まで無料出張可能です!取り扱いは家具、家電、工具、楽器、本、ブランド、貴金属、金、厨房、閉店、引越しの片付け!その他刀剣、茶道具、古美術。無料出張、絵画、版画、着物、掛け軸、ギター(ギブソン、フェンダー)など取り扱います!詳しくはしたのバナーより
    高価買取り


    質問

    こんにちわ。
    だいぶ昔にメッセージした事がありますが、記事が気になったので。。。
    こういうアンティーク系って、リアル店舗の方が動くものですか?それともヤフオクなどでの販売を念頭においた仕入れなんでしょうか??この分野は完全無経験なので、気になります。。。

    答え

    こういう

    この日の記事はアンティークの英国やイタリアやフランス製の人形などの記事です!

    とりあえず出コメント欄の返事が

    おひさしぶりです^^

    長男(●)を●ョウ●と呼んでいますので他人とは思えません^^

    非常に微妙な質問にて詳しくは記事でやりたいと思いますが

    今回のこのぬいぐるみやおもちゃは両天秤系でございます!

    シュタイフや英国上級ブランドなどはもちろんネットへ

    その下はお店に。。。この手の商材はお店の雰囲気作りにいいのですよね~~売れ筋とはいえませんが長く置いていていいんじゃないかと思います!

    自分の場合はこの手のもので大体ネットとリアル店舗のボーダーラインは2500円です!

    体感的にはネットで売ると店うりの半額近い感じですか。。。




    リサイクル系とアンティーク系とどっちがネット向きなのか???

    あ~~~リサイクルの市場も骨董も市場にもよりますがどちらもバリバリのネットやさんたちが10人以上は入っているような感じですよね!どっちにもいるんです!どっちが盛り上がっているというようなことではなく両方ともたくさんのネットやサンたちがうごめいている!そんな感じなのです!

    黒猫の場合

    骨董関係で積極的にネットへというのは少ないですね!ここ最近では

    ①盛り上がっている象牙関係

    お店のほとんど出してしまいました!大体売値付近の落札でした

    ②刀剣をヤフーでは出せないので楽天へ

    ③最近でもありましたが自分で最終的に価値の自信がもてないお茶の道具関係

    ④シュタイフ関係100点一括

    早く売りたかったので。。。。

    ⑤絵画今ネットで回っているのが約500点売り出で約1000万円!

    上から出品!一ヶ月で数点ずつ落ちてつき10万円のような硬い商材

    ⑥とにかくほしい人が少ない秋田県の小さな町の歴史の資料のような商材!もちろん上から長期に

    ⑦超高額品!

    お店じゃ危ない

    ⑧プレミアのついた楽器!現実ではセルマーーなど50万円級の管楽器とか。。。お店では無理ですね!当然ネットへ。。。

    ⑩価値をはりかねる!?ひょっとしたらすごく高いんじゃないのかな~~と臆病になってしまった商材もお店で値段をつけるより最悪の場合きちんとその価値の近くまで値段が競りあがるオークションが安心

    お奨めーーーネット系古物商、せどりに関する貴重な情報はこちらから
    !!人気ブログランキング!!



    ただいまベスト10位前後でウロウロです~!どうかおたすけを~!是非に↓↓こちらを押していただくとクロネコの今の順位が確認できますよ~~
    !!人気ブログランキング!!


    考察

    10番 これ^^でしょ

    現在全国的人気ブログランキングにて,激烈な10位争い中です!!今日も一生懸命書かせていただきました.下の水色と緑のボタン↓↓を押していただけるだければ黒猫の順位を確認するとともに黒猫に一票を投票していただけることになります。是非に!!



    FC2ブログランキングはげみになります。ポチッとおねがいします。


    人気ブログランキング人気blogランキングへ
    両方押してくれたらゴロゴロにゃん


    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック