中国と古物商
    2012年09月18日 (火) | 編集 |
    買取!千葉県のリサイクルショップです!佐倉市、四街道市、八街市に店舗があります!骨董や西洋アンティークも扱う総合リサイクルショップです!現在高価買取、歓迎中です!その他八千代市、山武、東金、成田、富里、印西地区(その他の地区もご相談ください)まで無料出張可能です!取り扱いは家具、家電、工具、楽器、本、ブランド、貴金属、金、厨房、閉店、引越しの片付け!その他刀剣、茶道具、古美術。無料出張、絵画、版画、着物、掛け軸、ギター(ギブソン、フェンダー)など取り扱います!詳しくはしたのバナーより
    高価買取り


    ネットでいえば株式の板でも為替の経済もこのことで右往左往!

    もう耳たこではございましょうが

    尖閣のこと

    力をつけた(ちから関係逆転)くにとくにとのことw

    あっちのほうのフィリッピンやベトナムさらにチベットとかと同じようにいつの間にかごり押しされてしまうのか。。。

    今あちらでは沖縄ももともとは中国だったしさらに。。。のようなおっかない考えも。。。日本企業の損害はといえばけんかを売ったそっちが悪いような筋が通らないという意味では海よりも深く。。。ですw

    さて。。。

    黒猫の商売古物商に関連する中国人たちのことです!

    お奨めーーーネット系古物商、せどりに関する貴重な情報はこちらから
    !!人気ブログランキング!!




    市場

    骨董系

    一箇所の市場で多い日で10人以上少ない日でも何人かはいますね!この数は外国人というくくりではダントツの1位なのです!

    お行儀

    日本の慣習にややそぐわない面があり大雑把に言ってお行儀悪いが3分の2!また長くこの国で商売する気遣いのあるつわものも。。。

    ①はじめてきて相場暴騰ある分野を買占め

    ②気遣いのない自己中心的な部分があり態度などのことで年配の古物商とやりあうことも

    ③商材を近く見るためにその市場の大御所を押しのけカタをぶつけるようなことで重鎮からおもいきり怒鳴られるところを目撃

    ④譲るとか相手のためにとか知り合いだからとか。。。日本人的気質が0

    考察

    もちろん気のよいのもいてすべてがxというわっけではなし

    周りの骨董商(頑固系店舗)で中国人お断りも現実にありのようです

    ただいまベスト10位前後でウロウロです~!どうかおたすけを~!是非に↓↓こちらを押していただくとクロネコの今の順位が確認できますよ~~
    !!人気ブログランキング!!


    お店用では

    お客様で外国系の比率ですが

    中国

    フィリッピン&隣国

    イラン

    スリランカ

    韓国

    ブラジル

    モンゴル

    特に八街店のお客様で外人さんの占める割合多いです!

    その中でも中国多いほうですね!まあ。。。中国の方に限らず値引き交渉は日本人よりきついです!まあ大きなトラブルまではないですが。。。前にプライスの付け替えとかあってもめたことありました!

    考察

    売り上げ外人さん比率30%くらい?

    今後の対応

    通常道り

    理由

    個人が悪いわけじゃなしあの国のあの独裁●党の考え方でしょとりあえずはoda廃止から^^

    現在全国的人気ブログランキングにて,激烈な10位争い中です!!今日も一生懸命書かせていただきました.下の水色と緑のボタン↓↓を押していただけるだければ黒猫の順位を確認するとともに黒猫に一票を投票していただけることになります。是非に!!



    FC2ブログランキングはげみになります。ポチッとおねがいします。


    人気ブログランキング人気blogランキングへ
    両方押してくれたらゴロゴロにゃん


    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2012/09/21(Fri) 22:33 |   |  #[ 編集]
    yasann

    80で落札!!トラぶって長らくのあれですね^^

    あああれを木曜のときってyさんいたんでしたっけね~~

    これでも木曜会ベスト1記録となります!ごしんぱいいたみいります^^
    2012/09/25(Tue) 17:26 | URL  | くろ #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック