FC2ブログ
    ネットオークション犯罪!またまたww 偽ブランド品販売ww 逮捕です!!
    2007年12月10日 (月) | 編集 |
    ご挨拶ーーー自分がご飯食べるためにうごめいているズバリこの世界で悪意を持って人を騙ス馬鹿者がいるww悲しいことですね!腹が立ったらたら押してくださいね↓↓↓
    お奨めーーーネット系古物商、せどりに関する貴重な情報はこちらから!!人気ブログランキング!!



    もうこの話は聞き飽きた感じですが 。。。

    コピー品ーーー証拠の残るネットオークションで2年前からつきに平均65万円を売上ながらつかまらないwwやったもの勝ちの感じ~??いけません。。。

    いっぱい占いとつかまらないの?ーーー平均65万円の売上??一点万円と考えればつきに65点24ヶ月を掛ければ約1500点の偽ブランド品をネットオークションで売りまくってきたその悪意を持った犯罪者が野放しに?。。。

    やはりやったもの勝ちなのか~~~





    偽ブランド品をネット販売 守山署、容疑で男逮捕11月20日21時49分配信 京都新聞

    滋賀県警守山署は20日、ネットオークションで偽ブランド品を販売したとして、商標法違反と詐欺などの疑いで、大阪市旭区大宮5丁目、無線操縦機器販売会社経営恩塚一将容疑者(34)を逮捕。同容疑者が契約する大阪市内のマンションを家宅捜索し、「シャネル」「グッチ」「ブルガリ」などの商標が入った財布やバッグ、帽子など約170点を押収した。
     調べでは、恩塚容疑者は4月27日ごろ、携帯電話のネットオークションに「シャネル」の商品と偽った財布を出品し、落札した大津市唐崎4丁目、女性会社員(24)に5月1日に約1万5000円で販売した疑い。
     同署員が大量のブランド品が繰り返し出品されているオークションサイトを見つけ、犯行が発覚した。恩塚容疑者は容疑を認め、「2年前から月50-80万円の売り上げがあった」などと供述しているという




    リサイクル、古本、ネット系オークションでプロを目指す方に!こちら↓↓↓は全部ただなのです!
    お奨めーーーネット系古物商、せどりに関する貴重な情報はこちらから!!人気ブログランキング!!

    黒猫ーーーの周りでの情報ではとにかく露天(フリーマーケット)でのブランドのコピー品の規制が厳しいらしくとうとう訳のわからないとんでもない規制に出たところも。。。

    ありえないとばっちりーーーコピー品の多いビトン、グッチなどのブランド品が本物も含めすべて禁止だと言うのですww

    おばかか~~~理由は主催者も本物と偽者の区別がつかないためとのこと。。。

    ばかげた本当のことーーー黒猫の知り合いが出店する関西の大きなフリーマーケットではコピ-品に対する大きな摘発が入りフリマ自体が自粛に。。。

    その厳しさに比べ。。。




    割りきれないーーーネットオークションのコピー品販売の野放し状態が不公平な気がしませんか??

    黒猫堂はーーーさあ本題です!!黒猫堂さんのコピー品の扱いは??ーーーもちろん!!ヤフーオークションはストアとしての責任が重く!たとえミスでもコピー品の販売は許されません!!

    お店は??ーーーわかりやすいビトンのコピーなどはもちろん販売自粛!!ビトンが沢山有るように見えるよう!非買トした上でカウンターの後ろに飾って有ります。。。




    アキチャン日記ーーー何が嬉しいのか?おんぶされながらきゃっと笑っています!!

    黒ちゃん日記ーーーネット売り上げ上げのほうがやや不調です。自分への戒めもこめて黒猫の時計コレクションから2本ヤフオクへ。。。

    現在全国的人気ブログランキングにて,激烈な2位争い中です!!今日も一生懸命書かせていただきました.下の水色と緑のボタン↓↓を押していただけるだければ黒猫の順位を確認するとともに黒猫に一票を投票していただけることになります。是非に!!



    FC2ブログランキングはげみになります。ポチッとおねがいします。


    人気ブログランキング人気blogランキングへ
    両方押してくれたらゴロゴロにゃん






    スポンサーサイト



    テーマ:ネットビジネス
    ジャンル:ビジネス
    コメント
    この記事へのコメント
    ニセモノ・・・
    先日つかまされまして。。。
    お買取に行った先でプラダのバッグ×2と新品プラダの財布×1がありまして。。。
    で、バッグは「明らかに!」という感じでしたのでお断りしたんですが、まさか箱付きの新品までも。。。あとでゆっくり細部を見ると発覚したことです。。。
    と、いうことで、先日自分の財布(ブルガリ(ToT))をなくしましたので、僕の財布を今まで家計を入れていた500円の本革財布に代え、家計財布をニセモノプラダにしています。。。。
    あと、使っていないヤフーのメールに「ニセモノ仕入れ」の案内メールがガンガン来てます。。。
    2007/12/11(Tue) 00:08 | URL  | たけはな堂 #T.9YoUd6[ 編集]
    黒猫さん、こんばんは。

    本物なんて、ほとんど触ったことがないので、よけいにわけがわかんないです。(ブランド品)

    ジュエリーやブランド品など、高価で価値が見切れないものは、買取ではなからパスしてもいいのでしょうか?

    それとも、古物免許持ってるのに、そんなのも目利きできないのーって言われるようなものなんでしょうか?

    2007/12/11(Tue) 00:43 | URL  | ちゃれんじぃ #-[ 編集]
    takehanasannーーープラダは難しいんです!本物作ってる工場でもコピー作った話も聞きます。。。タダもう人気が無いので、競りでは本物が出ても声は出ません。。。

    ビトン、コーチ、グッチの明らかにこれは?は。。。自分で判断しましょう。。。

    失敗すれば自分が損するので皆必死に覚えるものです。。。
    2007/12/11(Tue) 08:24 | URL  | 黒猫堂 #-[ 編集]
    チャレンジィさんーーーはそのお名前からも何でもチャレンジしていただきたい感じです。。。

    ブランド物は真贋の鑑定講座などもありますが、自分は否定派!沢山のものを自分で見て覚えるが良好と考えます。。。

    刻印の入っている貴金属はプロでもやられますが、はじめからその一番儲かる部分を捨てるなど論外!!

    その時点の自分の実力で最善を尽くし買取にぶつかっていく古物商魂を持っていただきたい!

    万が一そこで失敗しても体でおぼえたそれが後々自分の力となるのです。。。
    2007/12/11(Tue) 08:30 | URL  | 黒猫堂 #-[ 編集]
    偽者の見分け方がわかりません(^^;

    プロ用ではなくても私のような消費者用に一度、偽者見分け方講座をブログでやってくだされp(^^)q

    個人的にはブランド直営店で買う位しか防衛手段が無いので、リサイクルなどに手が出せないんですよねぇ~

    リサイクルの市場拡大のつもりでヨロシクです(^^)

    それにしても黒さんは時計コレクターだったんですね。私の回りにも「男」だけですが多いです。

    PS.あきちゃんかわいい!!早く写真アップして!!

    2007/12/11(Tue) 09:30 | URL  | watanabe #z1uogJ6Q[ 編集]
    なべさんーーー鑑定のことは文章ではせつめいしずらいですね。。。

    ビトンのオールドなどは、もちろんナンバーなど無くても風格が漂います。。。

    ブランドごとに見極め難しく本物コピーあわせてたくさん見ることが近道なのかもしれません。。。
    2007/12/11(Tue) 12:22 | URL  | 黒猫堂 #-[ 編集]
    おじいちゃんは質屋でした。
    僕も店番小僧をしていましたが、その頃と今では目利きも桁違いに大変なんでしょうねー
    着物はおばあちゃん担当で糸を一本抜いて火をつけてって感じでした。
    外側だけ本物の金とかに引っ掛かったりもしてましたけど・・・
    2007/12/11(Tue) 13:44 | URL  | キャンディーアップルレッド #-[ 編集]
    キャンディさんーーーおこんばんわです。。。

    おジーちゃんが質屋とは羨ましいのブルジョワです。考察するとジャーおじさんかおばさんが家業を継いでるのですか??

    今は比重計という万能の機械があって、昨日始めたような鼻をたらした古物商でも貴金属買取の世界です。。。

    2007/12/11(Tue) 19:52 | URL  | 黒猫堂 #-[ 編集]
    この人からヤフオクで商品を買ったけど対応悪かったw
    犯罪者だという事は後になって知った・・・
    もう二度と関わりたくないです・・・
    2009/03/08(Sun) 21:31 | URL  | ゲスト #-[ 編集]
    承認待ちコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです
    2020/03/31(Tue) 03:55 |   |  #[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック