FC2ブログ
    古物商!!開業のすすめ!前篇!諦めるか!?の巻
    2008年12月20日 (土) | 編集 |
    リサイクル、古本、ネット系オークションでプロを目指す方に!こちらの情報↓↓↓は全部ただなのです!
    ネット系古物商の情報です!!人気ブログランキング!!

    今回は古物商になろう!総集編の第3弾で、店舗についての考察なんです!業界用語で店師ってやつですね!結果厳しいものとなり皆様一歩引いてしまかもですがどうか最後までお付き合いいただきますよう黒猫です。。。

    いつもはここの記事でお店を持たないネット系の古物商をお勧めしているのですが、今日はその真逆の古物関係のお店を開こうってお話なのです!!

    では。。。

    まず黒猫がはじめてお店を開いたときのお話なんですが、そう。。。

    もう20年くらい前の黒猫の髪もまだふさふさの夢と希望に満ち溢れた若猫のころのことです!約2年の古本屋修行のすえ前千葉県の京成沿線に20坪のお店を開店したのです!




    とても運がよかったのでしょう!!その直後に古本屋ブームです!信じられないでしょうがお店の中は人で埋まり歩けないほどで、その時代!古本かわなきゃ損~~みたいな風潮だったのです!その後ファミコンブーム!cd、アダルトビデオの販売などで最盛期店舗も6店まで増えてひと財産作ったことはみなさももご存じのところらかと思います。。。

    何が良かったか!?

    今思えばやはり時期です!先週株式の特集でもやりましたが開店した時期がどんぴしゃで大ラッキーの大当たりだったようです。。。

    しかし美味しいことばかりが続かないのがこの世の常にて。。。

    そしてすぐに低迷期です!古書の業界はだんだん店舗が大型化してきてその末期ブックオフが台頭したころは町の小さな古本屋さんはほぼ全滅となったのです!!



    リサイクル、古本、ネット系オークションでプロを目指す方に!こちらの情報↓↓↓は全部ただなのです!
    ネット系古物商の情報です!!人気ブログランキング!!

    確認ーーー小さな資金で誰にも始められるようなことで黒猫の守備範囲だけでも60軒くらいに増えた古本屋!!今残っているのが、自宅で趣味でやっているようなお気楽タイプと本当にかしこく専門を作っていったほんの一握りで90%は消えていった!!つまり同じ古物商で夢を持って開店した古本系の店舗が生き残った確率は10%以下という厳しさです。。。

    さらにーーーやはりそのころ俗に言うタケノコのように増えていった古物商関連の商売がありました!!そう!中古のゲームソフトなどを扱う俗に言うファミコンショップなるものです!

    売り買いの価格表さえ手に入れば小さな資金と狭いテンポで、まさに誰でも。。。大きな売り上げを上げることが可能でした。。。2,3年は活況だったでしょうか。。。しかしこのソフト系のお店も。。。みなさんご存じのようにその後の大手の進出や多くの要因により残ったお店は。。。3分の1以下!?こちらもきびし結果となっています!




    さあ。。。今度はやはり最近タケノコ系の一つの駅に2件も3件も次々にオープンしてカラフルなチラシで盛り上がっているあの業種です!!貴金属買い取りや!!これ!?ファミコンショップに似てますね~ちょっと単価は高いですけど。。。こちらも最近開発された金やプラチナを鑑定する比重計と本当は年季がいる(プロの方たちすいません!)のですが簡単な研修程度で、開店!リタイヤ後の第2の人生に!のような方も多そうです!

    歴史は繰り返す!?ーーーこのいまでは増えすぎてしまった貴金属買い取り業が今後どうなっていくのか??5年後残っているのは??ここで叫びたいところですが賢明な皆様は文章の流れからお察しいただきますよう。。。

    考察ーーーそんなことで商売は甘くないでしょ~~っという前半なんですが、あすの後半ではお気楽安心してつぶれるのは自分の死ぬ時見たいな夢の業態の紹介の予定ですのでお楽しみに。。。

    現在全国的人気ブログランキングにて,激烈な3位争い中です!!今日も一生懸命書かせていただきました.下の水色と緑のボタン↓↓を押していただけるだければ黒猫の順位を確認するとともに黒猫に一票を投票していただけることになります。是非に!!



    FC2ブログランキングはげみになります。ポチッとおねがいします。


    人気ブログランキング人気blogランキングへ
    両方押してくれたらゴロゴロにゃん




    スポンサーサイト



    テーマ:独立・開業
    ジャンル:ビジネス
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック