FC2ブログ
    どうしてもどうしても古物商になりたい!
    2009年05月17日 (日) | 編集 |
    リサイクル、古本、ネット系オークションでプロを目指す方に!こちら↓↓↓は全部ただなのです!
    お奨めーーーネット系古物商、せどりに関する貴重な情報はこちらから
    !!人気ブログランキング!!

    ここのところ自分の不徳のいたすところか。。。コメントの数が減っていて昨日の。。。店の売り上げが苦戦しているので経費削減を考えているような記事に。。。久々に長いコメントをいただいたのです!

    今返事かこうととパソコンに向かったところなんですが。。。

    やはりそれも長い文章&この内容はちょっと濃い&記事が一本助かっちゃうということで公開でのレスとさせていただくことといたしますので。。。




    まずは昨日の記事にいただいたコメントです!もしよろしければスクロールしてすぐ下にありますのでそちらもどうぞ。。。

    ご無沙汰しております。以前は大変お世話になりました。
    突然のコメント、ご無礼申し上げます。
    古物商許可を取得し社長にお世話になり、この世界で食って生きたい!!けど現在の会社が副業は許さないと(古物商の業界の方との連絡も絶ちなさいと)。。。あれから1年経ちます。
    一年前に自社の社長に退職したい事を伝えたのですが、あと一年やって(自分の現場を持っていたので)それでも古物商やりたいなら、そのときは会社を辞めてもかまわない。
    と言われました。色々ありましたが、会社を退職
    し一人親方(それでも生活があるので)になりました。
    これから本格的になんのしがらみもなく古物商として仕事に従事することができます。。。

    あれから色々古物商について、仕入れについて、販売形態、パソコン・・・独自に勉強していました。

    やっぱりむずかしい世界なんだなと実感しております。

    またこの世界に戻ってきたといっても何にもできないド素人同然です。

    もし人手が足りない、手元がほしいとなれば無給でかまいません。お声をかけていただけたら幸いです。

    毎回自分勝手な事ばかりで申し訳ございません。
    2009/05/17(Sun) 01:33 | URL | 四街道のSです #-[ 編集]


    ただいまたったの数十点差で激烈な、2位~5位争い中です!おたすけを~!是非に↓↓
    !!人気ブログランキング!!




    まずは。。。

    退職のご決意!そして念願の古物商という仕事のスタートを切れたこと良好です!本当によかったですね。。。

    ただここ1年くらいの間だけでも市場に入りたいとか古物商に興味があってアルバイトとして入りたいとかお店をやりたいと相談を受けることが多くどの人だったのか完全に顔を思い出して特定することができないんですが。。。

    この文章!この熱意!多分あの人かな~~くらいのところですいませんがアドバイスです!

    きっとなれる!ーーー無給ではたらくなどということはありえません!働着ながらゆっくり商売のことを覚えたいというのなら少ないながらも給料は出ますし、あなたを市場ネット系の古物商として付きっ切りでそれも高速で育てるとなれば有料となります!しかし。。。いただいた文章を読ましていただいた限りその必要はなさそうですね。。。

    今の段階で十分にその覚悟があるようですし、ある程度の資金もお持ちのようだし、何より慎重で賢そうなので市場などで相場の勉強をしながらゆっくりでいいのではないでしょうか!?そういうことなら仲間として。。。そして後輩として世間話のようなことの中でのアドバイスでしたらもちろんいくらでも。。。ですので。。。

    ただ資金が潤沢で時間を買う!という意味でしたらご相談に乗れるかと思います!巷にあふれるフランチャイズ系のリサイクル店の10分の1以下の資金でお店を開店するアドバイス!またはネットオークションで現実に食べていくお手伝いなどができると思います!

    とにかく骨董をやりたいのかお店なのかネットなのかもこの文章じゃわからないので平日にお店のほうにいらっしゃってはなしをきかせてくださいね!


    総評ーーー今いえるのはこの商売はすばらしいってこと。。。きっと後悔しないと思いますよ!なるべくお金をかけないでゆっくり進まれることがよいのではないかと思います!まずは骨董市やフリマを回ったり自分の家の中の不用品をネットに出品されるところからゆっくりと。。。

    現在全国的人気ブログランキングにて,激烈な↓位争い中です!!今日も一生懸命書かせていただきました.下の水色と緑のボタン↓↓を押していただけるだければ黒猫の順位を確認するとともに黒猫に一票を投票していただけることになります。是非に!!



    FC2ブログランキングはげみになります。ポチッとおねがいします。


    人気ブログランキング人気blogランキングへ
    両方押してくれたらゴロゴロにゃん


    スポンサーサイト



    テーマ:独立・開業
    ジャンル:ビジネス
    コメント
    この記事へのコメント
    今日の話を読んで、職人仕事より、収益が多くなるとは、考えられませんね。
    私は買う立場から売る立場になって、2年ですが、骨董市はお客さんが来るので、信頼が得られれば、売れるようになりますへど、税金を払えるほど、利益など出ませんね。
    ネットオークションでも、思ったように、利益など出ませんね。
    飯を食うために、職人は止めるべきでは無いでしょう。
    趣味でやっていて、いろいろ覚えて、利益の出る仕入れが、ちゃんと出来るようになったら、それから始めるべきでしょう。
    もし、養っている家族がいたら、日々の生活費にことかいて、皆で路頭に迷うでしょう。
    私は趣味でやっていますが、それでもなかなか大変で、売れない物を買ったり、高く買った物を、安く手放したり、しています。
    面白そうだからでは、成功をするのは、並大抵ではないでしょう。
    不退転の、その覚悟があるんでしょうかね。
    老婆心ながら・・・
    心配過ぎかな・・・81
    2009/05/18(Mon) 20:57 | URL  | リ・ボーン根本 #-[ 編集]
    ねもっちゃんーーー御意!!

    でもきびし~~~

    こちらも一足先に独立!!最前線でがんばられている現場からの生のご意見で間違いありません!!

    特に骨董系は、専門分野を持たないとハードルはさらに高くなりますね。。。黒猫も耳が痛いです!

    しかし彼の決意からして黒猫はプロとしてやっていけると考察です。。。みんながんばろ~~
    2009/05/20(Wed) 20:20 | URL  | kuro #-[ 編集]
    お返事遅くなり大変申し訳ございません。パソコン(ノートPC)の調子が悪くカランカラン音がなり始めたと思えばすぐフリーズしてしまい・・・・今に至ってしまいました。ほんとに申し訳ありません。
    そして今は新しくパソコンを購入しました。

    根元様のご意見間違いはありません。ありがとうございます。古物の世界が好きで興味を持ったのも間違いありません。

    そしてもちろん家庭もあり、持ち家もあります。今現在は会社の籍はぬけていますが、会社の下請けという形で使ってもらっている状態です。もちろんこんな情勢なんで、今までお世話になった職人さんからも仕事を頂いている状態にあります。

    電気工事をはじめて今では12年目になりますが決して今の給料で不満なわけでも嫌いなわけでもありません。

    ただただ古物商という仕事が好きなんです。それ以上に言うことはありません。もちろん一端になって食べて、家族を養えるようになるにはどんな仕事も一緒で相当な苦労に、経験、が必要だとは重々承知しております。

    今後の方針として、職人と新米古物商としての両立をし日々精進していきたく思います。
    そして貴重な経験談、豊富な人生経験の知恵を貸していただいて本当にありがとうございました。

    そしてkuroneko社長。ありがとうございます。
    近々平日にお伺いさせていただきます!!

    この一年ずっと我慢してやっとやっと社長のブログにコメントを入れさせてもらうだけで、ちょっとした優越感に浸ってます(笑)

    社長、根本様、真剣なお話し感謝しております。
    本当にありがとうございます。





    2009/05/21(Thu) 23:59 | URL  | 四街道のSです #-[ 編集]
    おはようっす!

    自分は毎週火曜日の午前中&木曜日の四街道店にいる確率が高いです!

    コメントはその日の分に入れていただけるとわかりやすいです!

    連続ですいませんが、また明日記事のほうで少しやらせてくださいね。。。
    2009/05/23(Sat) 09:11 | URL  | 黒猫堂 #-[ 編集]
    お忙しいのにほんとに申し訳ございません。。
    ほんとにほんとに申し訳ありません。。
    2009/05/23(Sat) 20:11 | URL  | 四街道のSです #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック