FC2ブログ
    経費削減のこと!人を雇う!責任の重さ
    2009年05月16日 (土) | 編集 |
    リサイクル、古本、ネット系オークションでプロを目指す方に!こちら↓↓↓は全部ただなのです!
    お奨めーーーネット系古物商、せどりに関する貴重な情報はこちらから
    !!人気ブログランキング!!

    黒猫堂全体で15人くらいの小さな所帯なんですが。。。

    その家族まで含めれば50人以上??商売を続け給料を安定して支払いしていく店の経営の責任者である自分の責任の重さを痛感です!

    開業以来15年続けて黒字決算&増益を続けてきたのですが。。。さすがに今回の未曾有の不況のあおりを受けてか時代の流れなのか売り上げがここのところ低迷w売り上げを上げるためのあらゆる方策はもちろんのこと。。。

    今まであまり気にしてこなかった経費の削減にも手を染めます!

    まあ。。。

    ありきたりではありますが。。。倉庫の電気を半分消しましょうとか、梱包財の問題とか。車1台多いんじゃないかとか、とても細かいように思えるところなのですが。。。

    今回の大きな問題を2つ




    電気代が全体で年間600万円ごえですw

    もしこれを20%削減できればこれだけで生活費絞りだせる計算です!

    ちょっと調査をすれば、ぜんぜん使っていないポットや冷蔵庫!夜の看板証明の意時間短縮!寒いくらいのエアコンw何より使っていない事務所の電気をこまかくけしていく。。。まさに当たり前のことだけでも目標に近づくことができそうです!

    ただいまたったの数十点差で激烈な、2位~5位争い中です!おたすけを~!是非に↓↓
    !!人気ブログランキング!!




    そしてこの電気代の削減とは比較にならない大きな数字が人件費なのです!

    なんといっても一人年間200万円くらい!?もちろん一生懸命お店に尽くして働いていただいている当然の代償なわけで、感謝してももったいないとかそこをけずって!?などととんでもないことなのです!?

    しかし。。。

    この部分が黒猫の弱みというか、一度雇った人間は雇った自分の責任が重いと考え、店に対しての大きな不正行為がなければ、多少仕事ができなくてもよいところを伸ばしてなんとか働いていただき。。。という考えです!そんなことでお店の売り上げに手をつけるなどの大きな不正以外で首にした事は一度もないんです!

    つまり使ってみたけど仕事があんまりできないので従業員を首にしたことは一度もないのです!

    しかし。。。

    今回はこのことも話題となります!お店の経営のことは早め早めに手を打って先を読んでいかなければならないのです!

    とりあえづ全員を自分なりに査定!一番使えるアルバイト君と一番使えない従業員様を比較するとなんと仕事量が10分の1ちかくww

    え??

    そんなの信じられないって??

    現実ですw

    b君とc君に同じように汚れた洗濯機をクリーニングしていただきます!このとき大事なのは黙って頼んで監視はしませんwこの結果はとてもすっきりした納得のいくものとなります!良好君は3倍仕事が速くて仕事も3倍きれいです!だめだめ君は人の3倍仕事が遅くて仕事も中途半端でまた誰かががやり直しをしなくてはいけません!コノトキノ差は3x3で9ばいいじょうのたいさとなります!

    このへんをそろそろcfr5え467hにj9ていかなくてはと考える今日この頃なのですwが皆様堂う考えでしょうか質問黒猫???

    現在全国的人気ブログランキングにて,激烈な↓位争い中です!!今日も一生懸命書かせていただきました.下の水色と緑のボタン↓↓を押していただけるだければ黒猫の順位を確認するとともに黒猫に一票を投票していただけることになります。是非に!!



    FC2ブログランキングはげみになります。ポチッとおねがいします。


    人気ブログランキング人気blogランキングへ
    両方押してくれたらゴロゴロにゃん


    スポンサーサイト



    テーマ:社長ブログ
    ジャンル:ビジネス
    コメント
    この記事へのコメント
    ご無沙汰しております。以前は大変お世話になりました。
    突然のコメント、ご無礼申し上げます。
    古物商許可を取得し社長にお世話になり、この世界で食って生きたい!!けど現在の会社が副業は許さないと(古物商の業界の方との連絡も絶ちなさいと)。。。あれから1年経ちます。
    一年前に自社の社長に退職したい事を伝えたのですが、あと一年やって(自分の現場を持っていたので)それでも古物商やりたいなら、そのときは会社を辞めてもかまわない。
    と言われました。色々ありましたが、会社を退職
    し一人親方(それでも生活があるので)になりました。
    これから本格的になんのしがらみもなく古物商として仕事に従事することができます。。。

    あれから色々古物商について、仕入れについて、販売形態、パソコン・・・独自に勉強していました。

    やっぱりむずかしい世界なんだなと実感しております。

    またこの世界に戻ってきたといっても何にもできないド素人同然です。

    もし人手が足りない、手元がほしいとなれば無給でかまいません。お声をかけていただけたら幸いです。

    毎回自分勝手な事ばかりで申し訳ございません。
    2009/05/17(Sun) 01:33 | URL  | 四街道のSです #-[ 編集]
    お久しぶりのおはようございます!

    コメントありがとうございました!&よかったですね。。。

    ちょっと長くなりそうなので今晩の記事(9時更新)の中でお答えしますね。。。
    2009/05/17(Sun) 09:47 | URL  | kuroneko #-[ 編集]
    ご無沙汰です。
    経費節減におけるポイントを絞る事が出来て、どこから手をつけるかが見えたのは良いことでしょう!
    ただ電気代を削るといっても、経営側が一方的に言うよりも、社員、バイトの人が趣旨を理解して、じゃ、これとかはこうすれば節約出来ますよ~と意見を出してもらい、意見で出た効果は還元してあげればいいと思います。

    個人的には人に手を出すのは最後と思いますが、レベル差を埋めるのに、適材適所が出来るか?を考えてあげられるならばやってみた上でダメならば・・・というのは考える必要があるかも?

    2009/05/17(Sun) 15:03 | URL  | かもちゃん #35uTcyvw[ 編集]
    悩みどころですね。
    かもちゃんの言うことも一理ですね。。
    いろんな方の意見は自分も今後の参考にです。
    こじんまりとした自分のとこでも問題多しですので親分のとこの計り知れない問題は頭いたいことと察しますです。
    経営ってむつかしい。。
    自由なる時間が多い分責任重し。。最近痛感。。自分を管理できなくて野放し状態???(笑)
    少しづつ実践お勉強している2年生です。。

    別件ですが、野生のくわがたの幼虫を大量にいただいてです。。
    無事成虫になった折にはお送りしますです。
    ちなみにいままで幼虫から孵化させたことはありませんので期待薄かな(笑)
    幼虫の孵化を体験したいときはご連絡をです。おおくわがた?ありかも。。
    来月あたりから山で成虫がボチボチ出てきだすのでそちらは乞うご期待をです。。
    2009/05/17(Sun) 17:05 | URL  | ミスターヨゴレマン #-[ 編集]
    かもちゃんさんーーーこの手の問題はプロ中のプロのかもチャンさんでした。。。

    しかしかもチャンさんでも想像のつかない極悪系も存在します!っていうか今まで結構であっています!初日にレジの金持ち逃げしたのもいます!流れ流れて10回仕事を変えてたどり着いたつわものは想像を超えるものもありwわかってくださいね。。。

    そんなことで今の従業員の皆さんはかなりの良好くんが多いのですがその逆も極端です!人が見ていないときには仕事を一切しないものに適所はなしと考えます!

    しかし。。。

    いろいろ考えた末従業員のことは先延ばしで今できることをすべてやった後ということとします。。。

    頼りにしています!またアドバイスお願いいたします。。。。。。
    2009/05/17(Sun) 20:14 | URL  | kuro #-[ 編集]
    よごれまんさんーーー今くわがたのことを子猫たちに話したところ悲鳴を上げて。。。はやく~~~とさけんでおりました。。。笑。。。

    実は本日次男のお誕生日パーティーで、さっきトイザラスにおもちゃ買いに行ってクワガタコーナーでがんばられて本当に困りました!

    &商売をしていてある一線を越えるとき黒猫も最も頭を痛めるのが人のことです!いっしょうの友を得ることもあれば裏切られ深く傷つくこともあり。。。

    とても難しいところで慎重でいいかとアドバイスです。。。

    2009/05/17(Sun) 20:27 | URL  | kuro #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック